ユネスコエコパークに登録された宮崎県綾町を楽しむためのサイト あやナビ

第31回 綾工芸まつり

カテゴリ : 
イベントレポート
執筆 : 
ayanavi 2012-11-26 12:40
第31回 綾工芸まつり
綾から発信する工芸
今年で第31回となる綾工芸まつり。毎年この時期になると開催される綾町あげての一大イベントです。
町内で活動している工房が一同に介し、心を込めて作った個性溢れる作品を展示・販売します。

綾といえば工芸ということもあり工芸まつりは毎年朝のオープンと同時にたくさんの人で大賑わいとなります。
一度にこんなにたくさん綾の工房の作品が見れることは他にありません。また工芸まつりのために特別作品を作る工房もあるため毎年楽しみにしている方も多いのです。
お目当ての工房の作品を見に、お気に入りの工房を見つけに、普段は店頭には並ばないものを探しに、とみなさん様々な楽しみ方しているように感じました。

初日のオープンしてすぐに会場に到着したのですが、すでにたくさんの来場者!
第2駐車場に案内され会場に向かうと、入り口の外では地鶏や鮎の塩焼きや猪ラーメンなど綾の名物から、ベーグルとコーヒーが飲めるカフェや綾どれの野菜や果物の販売などなど様々な出店があり行列ができていました。とてもいい匂いで会場に入る前についつい誘われてしまいました。用意されていた席も満員状態で会場に入る前から大盛況が伺えました。
伝統を守る工芸と新たな工芸スタイル
今年は38の工房と飲食店などが出展し、どのブースも充実していました。
陶芸、木工芸、竹製品、ガラス工芸、染織工芸など様々な工房のブースには個性豊かな作品が所狭しと並んでいました。

各ブースはそれぞれのセンスで飾り付けられ、作り手の表現を最大限に引き出し、それぞれの作風にマッチした展示がされていました。
多くの来場者はじっくりと各ブースを回り、買ってからの使い道を想像しながら作品を見ていました。

筆者が感じたことですが、若い新たな工房や作家が増えていて色使いや形などがとても自由で新しいスタイルでした。
まさに今、綾の新旧の作家がそれぞれのスタイルで物作りをしている時期なのではないかと思います。
古き良き伝統のスタイルと自由でとらわれることのないスタイルがいいバランスを保っているように思います。

また木工芸や竹細工のブースでは体験できるスペースがあり、木の板を電動のこぎりで字を抜いたり、竹細工で竹を編んだりと、みんな作業に夢中で没頭していました。また積み木などが置いてあるスペースではどこからともなく子供たちが集まってきて真剣に遊んでました!

飲食の出店も綾どれの加工品が並び、どのブースにも長い行列ができていました。
お昼頃には売り切れてしまってるブースもあるほどの大盛況でした。

Solaseed Airのブースがあり、綾がユネスコエコパークに認定されたことを記念して綾旅行プレゼントのイベントを行っていました。

毎年、子供から年配の方まで楽しそうに回っているのがとても微笑ましいイベントです。
特に年配の女性が端切れ布のコーナーで一緒になったお客さんと布を何に使うか話しながら選んでいるのが印象的でした。
そう、伯母さまたちは家では職人なのです。
☆今年出展した工房一覧 (順不同)
[木工・碁盤・竹細工]
熊須碁盤店
高原銘木工芸
児玉工芸
熊須工房
熊須銘木工芸
綾工芸
平成銘木店
KAGU・MIYATA
ウッド・プロ綾杢
グローバルヴィレッヂ綾
綾町竹細工教室
木作家
創-つくりや-屋
素人工房
木工房 波木道
(有)屋久杉の美秋工芸
手作り工房ちんどん館

[染物・織物]
綾の手紬染織工房
玄太染織工房
工房アートフラワーきくち
手しごと屋一幅

[食品]
あゆの山水
須田商店
紅葉堂
大山食品
綾の食卓
パン工房・綾

[陶器・ガラス]
元町陶苑
大原陶苑
綾城焼
野々陶苑
照葉釜
(株)グラスアート黒木
陶房 八十一
銀色少年とアカイふらすこ
八衛門窯

[刀剣]
旅泊庵
入り口の外の出店には行列ができるほどの人だかり
やはりプロの技には魅了されます
展示もそれぞれ個性的です
お皿などの食器からライトなどのインテリアまで
毎年行列が続く大人気のブース:綾の手紬染織工房
モダンなデザインの家具が部屋のような素敵なレイアウトで展示されていました
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (10851)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://ayanavi.com/modules/feature/tb.php/4
参照元
カシオ腕時計2013-6-7 2:32
......more
カシオ腕時計